不用品回収を義理の弟に依頼したときの体験談

本来エアコンやパソコンなどの大型電気製品は、リサイクル料を払って処分しなければならない

aircon

不用品といっても様々な物があると思います。例えば子供が成長して必要なくなったおもちゃや古着、使わなくなったブランド品やスポーツ用品など、人それぞれ色々な不用品をお持ちだと思います。このような物は、市などが運営している普通ごみとして回収してもらうことができますし、リサイクルショップなどで買取してもらうこともできます。

しかし、エアコンやパソコンなどの大型電気製品の場合は、リサイクル料を払って処分してもらう必要があります。たいてい買い換えた際に、業者に引き取ってもらう方が普通だと思いますが、我が家では、知人が引っ越しをする際、エアコンとデスクトップパソコンを貰ったことがあります。そうなると、取りつけた後は、今まで使っていたエアコンとデスクトップパソコンは不用品となり不必要になってしまいます。
そのため、本来は不用品回収業者に処分の依頼をしなければなりませんが、我が家では義理の弟に処分してもらうことができました。その時の体験談について述べてみたいと思います。

空調関係の会社に勤める義理の弟に頼み、新しいエアコンの取り付けと古いエアコンの回収を依頼

そもそも義理の弟は、空調関係の会社に勤めているため、エアコンなどの取り付けを自分で行うことができます。もちろんそのことを知っていたので、私たちも知人からエアコンを譲り受けたのですが、業者に依頼するよりも、義理の弟に頼んだ方が工賃は必要ありませんし、弟にお礼として少し現金を渡せば、弟もちょっとしたおこずかいが貰えるので、喜んで引き受けてくれました。
設置後、今まで使用していた物は、弟の会社で分解して処分することができるという話だったので、エアコンと自宅に置いてあったデスクトップパソコンを持ち帰ってもらいました。また、分解後、部品によっては他の業者が買い取ってくれる物もあるらしく、そこへ持参をすればまた少しおこずかいを得ることができるという話だったため、今回の件は弟にとっても一石二鳥でした。

通常家電製品などの回収は数千円の費用がかかるが、身内に業種の人がいるといざという時に助かります

家電製品などの不用品回収を依頼すると、一つ当たり数千円の費用がかかるため、正直もったいない気持ちがあります。今回はたまたまエアコンだったこともあり、弟に設置の依頼もできましたし、回収もしてもらえたので、かなりお得に新品同様のエアコンを取り付けることができました。
また、エアコンと同時にデスクトップパソコンも処分してもらえたので、本当にありがたいと思いました。これから先、冷蔵庫などの買い替えが必要になると、さすがに弟に処分を依頼することはできませんが、身内にこういった業種にお勤めの人がいると、いざという時にとても助かると改めて思いました。